ドアノブから防犯意識

防犯意識が高まってきた現在では、ドアノブについても以前より意識が高まってきています。そのためドアノブ交換を行なう方も多く、交換を依頼件数も年々増加してきている背景があります。

鍵交換のメリット

鍵交換や補助鍵の追加は、防犯上大きなメリットがあります。古い鍵のタイプだと開けられてしまう場合もあり、新たに鍵を設置することで、防犯を高めていくことが可能です。鍵交換の場合は、なるべく最新のものを使うと安心です。

監視カメラの利点

多くのお店で見ることが出来る監視カメラは証拠を残すことが出来るため、何かの事態に大きな高価を実感できます。設置するにはセキュリティ会社に依頼することで安心して設置工事をすることが可能です。

ドアノブの種類

住宅の安全にも関わるドアノブ交換

昔ながらの丸くてひねるタイプのドアノブは、現在はかなり少なくなっています。手首を毎回ひねるので腱鞘炎などになるとして、特に子供やお年寄りのいる家では敬遠されています。現在はバータイプのノブが主流です。上から押すだけで開けられ、荷物を持っていても開け閉めが簡単です。古いノブを使っている家は、ドアノブ交換するだけで少ない投資でユニバーサルデザインの住宅が可能です。ドアノブ交換は素人ではなかなか難しいため工務店などに頼むのが一般的です。古いタイプのノブを使っている家では家全体が古くなっていて、ノブ自体もいつか壊れる可能性もあり、閉じ込められるなどもしもの事態を避けるためにもドアノブ交換しておくのがおすすめです。

ドアノブの無い家の可能性

ドアノブ交換が必要にならなくなる社会も見えています。現在は高齢化社会で、家庭でも社会でも車いす生活でのバリアフリーが必須になっています。ホームエレベーターを設置する家庭も少なからずあります。これからは家庭でも自動ドアが通常になる可能性もあります。センサー式でなくても、例えば踏むと開くドアなどが普及する可能性もあります。そうなればノブ自体が要らなくなり、古いタイプのノブは消えていくでしょう。しかし、電気で動くものは何でも、停電や故障のときが心配です。シンプルなバータイプのドアノブはずっと残ると思われます。住宅の設備の進歩はめまぐるしく、最新で贅沢と思われた設備が数年後には当たり前になっている社会です。ドアノブの無い家というも可能性はあります。